バトルホッグ2.6インチはフィネス特化で繊細なアプローチが可能!

先日、買い物の帰りに裏の川を通ったところ、学生4人が綺麗に横に並んで釣りをしていたので、釣れた?と声をかけると全然釣れません!と元気よく答えてくれました!

で、少し話していると離れた場所から「キター!」という声が響き渡りました。

マジで?と思い見てみると、ロッドをグンニャーッとひん曲げて地球釣ってました(笑

そんなノリの良いなかなか面白い子達でなんだか元気を貰ったおっさんです。

とそんな話は置いといて今回は、今更感がありますがブラックバス用ワーム『バトルホッグ』シリーズに新サイズが追加されていたようなのでご紹介したいと思います。

バトルホッグに2.6インチが追加!

クローラーベイト『DODGE(ダッジ)』をはじめ数々の人気ルアー・ロッドを世に送り出し続けている”RAID JAPAN(レイドジャパン)”。

そんなレイドジャパンから登場しているワーム『BATTLE HOG(バトルホッグ)』にシリーズ最小となる2.6インチが追加されました。

既存モデルとは異なった形状

まず、既存モデルとなる3.8インチと4.4インチの特徴をまとめてみます!

ボディに数多くのレッグが設けられ、短いレッグはピリピリと小刻みなアクションと微波動、長いレッグではユラユラと漂うような動き。

・特徴のある上下非対称の縦扁平アームによりボトムパンピングなんかではアームが縦だけでなく横にも開閉するアクション、フォール時はバイブレーション演出。

それに加えアーム内側に深めのリブが入っていることで水を噛みやすくアクションに貢献し気泡なんかもホールドし生命感もアップ。

・2本のカーリテール状の触覚で艶めかしい動き。

こんな感じですかね。

これは3.8インチの特徴となりますが、4.4インチは全体のボリュームがアップすることで水押しが強くゆったりとしたアクションをするようです。

後はシルエットによるハイアピールと言ったところでしょうか。

では本題となる2.6インチの特徴ですが、単にサイズダウンしたのではなくフィネス特化に新設計された形状となっています。

変更された点は、

・ボディがやや扁平

・レッグの数が減少

・触覚が浅いリブの入ったピンテールに変更

やや扁平なボディとレッグ減少により、ナチュラルなフォール姿勢に加えスライドフォールを実現。

ヘビーダウンショットやキャロライナなどでは特にキレのあるスライドフォールを演出してくれるとのこと。

そしてピンテールに変更されることでシェイクなどのロッドアクションでは小刻みな動き、ステイ時は水の流れを受けることで自然な動きで揺らめくアクションを演出。

このように、繊細なアプローチが可能でリアクション狙いもできるのでシビアな状況にも活躍してくれるワームとなっているのではないでしょうか。

スペック

既存モデルを含めたスペック情報はこちら!

■バトルホッグ2.6インチ

・サイズ:2.6インチ
・入数:7本
・カラー:10色
・価格:850円

■バトルホッグ3.8インチ

・サイズ:3.8インチ
・入数:5本
・カラー:10色
・価格:850円

■バトルホッグ4.4インチ

・サイズ:4.4インチ
・入数:5本
・カラー:10色
・価格:850円

カラーは各10色となっていますが、モデルにより少々異なるようです。

・よりスローで繊細そしてリアクションを狙った攻めもできる2.6インチ。

・オールラウンダーと言え扱いやすい3.8インチ。

・大きな動きとシルエットでアピール力抜群の4.4インチ。

このような使い分けもでき様々なリグ&トレーラとしても使える『バトルホッグ』でブラックバスをGETしちゃいませんか?

引用元
http://raidjapan.com/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ウイニングクローはアピールの強弱調整が可能!?効果や手順は?

パワーグライダーがカバー攻略にオススメ!?耐久性や遠投性は?

ドライブビーバーのバサロアクションが魅力的!秋のカバー攻めに!

デッドフィンダーターのダート&フォールでフラットにバスを攻略!

青木虫ミッドはピンポイント撃ちのほか、広範囲を素早くサーチ可能

アントライオンの波動でバスを魅了!トレーラー以外の使い方は?