バンタムMGLの剛性感がハンパない!?同時に基本性能もバッチリ?

こんにちは。

飼ってる金魚が寒すぎるためかほぼ動かず状態、しかし動いていないのは親の方で子供達は泳ぎまくってる。

金魚も人間と同じで子供は寒さに強く元気なんですねぇφ(`д´)メモメモ…

さて今回は、シマノから登場が予定されているベイトリール『バンタムMGL』をご紹介していきたいと思います。

バンタム復活!

1978年に登場したベイトリール『バンタム100』が復活を成し遂げるということで注目が集まる『BANTAM MGL(バンタム MGL)』。

40年もの歳月が経過しているため、フルモデルチェンジというよりはほぼ完全新作と言ってもいいくらいですね。

そんなバンタムMGLは、剛性を特徴とした多くの非丸型(ロープロファイル型)ベイトリールの中でも、特に剛性感溢れる仕上がりとなっているようです。

剛性面の力の入れようがハンパない!

剛性面に大きく貢献してる2つの仕様を見ていきましょう。

アルミ素材

近年、強度がありつつ軽量なマグネシウムを採用し軽量化を図る、といったリールが多いですよね。

一方バンタムMGLはとにかく剛性面に力を入れた仕様となっています。

それは、強度・耐久性・耐腐食性といった剛性に優れたアルミニウムをボディのメイン素材として採用しているところ。

ただ、アルミというだけでは良くあるベイトリールのひとつとなってしまいます。

では他とはどう違うのか?それはこれだ!

コアソリッドボディ採用

多くのロープロファイル型ベイトリールのボディは、

・メインフレーム
・両側のサイドプレート
・レベルワインドプロテクター
・ダイアルケース

これらのパーツによって構成されており、メインフレームがアルミ素材で剛性があるとしても他のパーツが樹脂製だとそこまで強さを発揮できないと思うんです。

そこで採用されたのが一体成型のコアソリッドボディ』で、

・メインフレーム
(メインフレーム・片側のサイドプレート・レベルワインドプロテクターが一体)

・片側のサイドプレート
・ダイアルケース

この3つのパーツから構成されていることで剛性が劇的に向上しガタツキなんかも抑えられる構造となっているようです。

ちなみにダイアルケースもアルミ鍛造化されているとのことなので、かなりの高剛性となっているのではないでしょうか。

魅力的なのは剛性面だけじゃない!?

一体成型のアルミボディで高剛性が最大の特徴とも言えるバンタムですが、性能的にどうなのかも気になるところですよね。

なので簡単にまとめてみます。

巻き心地

どうやら、ガタツキがなくとても滑らかでヌルヌルした巻き心地なんだとか。

■貢献している技術特性

・細かく複数の歯で噛み合わせることで、スムーズな巻き心地と感度そして強度にも優れるといった特徴をもつ『マイクロモジュールギア』。

・大型化と最適配置でギアの噛み合わせ精度が増し、強力な巻き上げと軽やかなリーリングを可能にした『X-SHIP』。

キャスティング性能

安定したキャスト性能を実現し飛距離性能を大幅に向上させており、ピンポイントへのキャストもスパッと決まりやすいらしい。

■貢献している技術特性

・スプール側面に穴を設けることで慣性モーメントを約10%軽減させた『NEWマグナムライトスプール』。

・キャスト時に発生するスプールの振動を抑えガタツキや回転のムラを減少させた『S3Dスプール』。

・ベアリングの振動を抑え、静穏性を向上させた『サイレントチューン』。

ブレーキシステム

NEW SVS インフィニティ』が搭載され、細かくかつ調整幅の広いブレーキ調整がストレスなく素早く行え、外部ダイアルのみでも様々な状況・ルアーに対応。

内部の4つのブレーキシューのオンオフでさらに細かな調整も可能。

これは飛距離性能向上にも繋がっているとのことです。

このように剛性面だけでなく基本性能面も抜け目のない仕様となっています。

スペック

それではスペック情報といきましょう!

■MGL PG RIGHT

・自重:215g
・巻取り量:59cm
・最大ドラグ力:5kg
・ギア比:5.5
・ベアリング:8/1
・スプール寸法:34mm/22mm
・ハンドルの長さ:42mm
・ナイロン糸巻量
12lb-130m/14lb-110m/16lb-100m
・価格:39,000円

 

■MGL PG LEFT

・自重:215g
・巻取り量:59cm
・最大ドラグ力:5kg
・ギア比:5.5
・ベアリング:8/1
・スプール寸法:34mm/22mm
・ハンドルの長さ:42mm
・ナイロン糸巻量
12lb-130m/14lb-110m/16lb-100m
・価格:39,000円

 

■MGL RIGHT

・自重:215g
・巻取り量:66cm
・最大ドラグ力:5kg
・ギア比:6.2
・ベアリング:8/1
・スプール寸法:34mm/22mm
・ハンドルの長さ:42mm
・ナイロン糸巻量
12lb-130m/14lb-110m/16lb-100m
・価格:39,000円

 

■MGL LEFT

・自重:215g
・巻取り量:66cm
・最大ドラグ力:5kg
・ギア比:6.2
・ベアリング:8/1
・スプール寸法:34mm/22mm
・ハンドルの長さ:42mm
・ナイロン糸巻量
12lb-130m/14lb-110m/16lb-100m
・価格:39,000円

 

■MGL HG RIGHT

・自重:220g
・巻取り量:76cm
・最大ドラグ力:5kg
・ギア比:7.1
・ベアリング:8/1
・スプール寸法:34mm/22mm
・ハンドルの長さ:42mm
・ナイロン糸巻量
12lb-130m/14lb-110m/16lb-100m
・価格:39,000円

 

■MGL HG LEFT

・自重:220g
・巻取り量:76cm
・最大ドラグ力:5kg
・ギア比:7.1
・ベアリング:8/1
・スプール寸法:34mm/22mm
・ハンドルの長さ:42mm
・ナイロン糸巻量
12lb-130m/14lb-110m/16lb-100m
・価格:39,000円

 

■MGL XG RIGHT

・自重:225g
・巻取り量:86cm
・最大ドラグ力:5kg
・ギア比:8.1
・ベアリング:8/1
・スプール寸法:34mm/22mm
・ハンドルの長さ:45mm
・ナイロン糸巻量
12lb-130m/14lb-110m/16lb-100m
・価格:39,000円

 

■MGL XG LEFT

・自重:225g
・巻取り量:86cm
・最大ドラグ力:5kg
・ギア比:8.1
・ベアリング:8/1
・スプール寸法:34mm/22mm
・ハンドルの長さ:45mm
・ナイロン糸巻量
12lb-130m/14lb-110m/16lb-100m
・価格:39,000円

こちら8機種のラインナップとなり、PG=パワーギア・HG=ハイギア・XG=エキストラハイギアの3タイプの仕様から選べるのはGOOD!

一体成型のアルミボディとなっているので自重がかなり重たくなるのではないかと心配していたのですが、215g~225gなのでめちゃ重いってわけでもない。

いや、フルアルミでこれは軽い方か!?

発売日

『バンタムMGL』の発売日は、RIGHTモデルが2018年2月、LEFTモデルが2018年4月を予定しているようです。

ロープロファイル型ベイトリールの中でもスバ抜けた剛性を誇り基本性能もバッチリと言える。

そんな進化を遂げて復活した『バンタムMGL』をご検討してみてはいかがでしょうか?

引用元
http://fishing.shimano.co.jp/product/reel/5292

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

18アンタレスDCMD登場!様々な魚種が狙えるパワーゲーム仕様!?

タトゥーラ SV TWはキャスト性能高い!スキッピングも余裕!?

アルファス AIRはコスパが超優秀!!気になる使用感や特徴とは?

17エクスセンスDCのXPモードで飛距離アップ!?使いこなすには?

スコーピオンBFSにFTB搭載!16アルデバランBFSとの違いとは?

ビッグシューターコンパクト8/7は淡水・海水・大物対応のベイトリール