スキャッドウォールに追加モデルが登場!超感度でさらなる高みへ!

こんにちは!先日ショアジギプレイ中に予想外の大物が掛かってハートが震えたおっさんです。

ぐへへ大物の正体、気になりますか?(ほくそ笑み)・・・え?ならない??やだ言わせて!!あれですシイラでした。

─完─

では、話を切り替えて!今回はJACKALLのアジングロッド『SCADWALL(スキャッドウォール)』に参戦を控えるNEWモデル2機種の情報をまとめていきます。

SCADWALL

至高のアジングロッドとして昨年にデビューしたJACKALL(ジャッカル)のアジングロッド『SCADWALL(スキャッドウォール)』。

ファーストラインナップは「ジグヘッド単体専用モデル」「ロングキャスト・パワーモデル」「超シャープ・早掛けモデル」の3機種。

で今回新たに、操作性と感度を重視したチューブラーモデル&優れた感度と広範囲のサーチを得意とするソリッドティップモデルの2機種が追加参戦!!

このNEWモデル2機種のポイントは『感度』

スペックと各種特徴

NEWモデル2機種を見ていく前にまずは、共通システムをチェックしていくぜ!!

【ブランクス】
機種毎に合わせた弾性設計を施した高弾性ブランクス&高弾性ソリッドティップを採用。

【ガイド】
軽量と糸抜け、ラインに優しいでお馴染みFULLトルザイトガイドに感度アップと操作感を実現した高感度マイクロガイド仕様。

【グリップ】
軽量化と操作感を考慮したオーバルグリップデザイン。

こんな感じですね。

では、ここからはNEWモデル2機種『SWS-58JH-TT』&『SWS-80LC-STのスペックと特徴をまとめていきます。

SWS-58JH-TT

・全長:5’8″
・継数:1本
・ルアー:~5.0g
・ライン:mono~4lb
・価格:39,800円

特徴

操作性と感度アップを図った高弾性カーボンマテリアルを採用したジグヘッド単体の操作を得意とするチューブラーのショートレングスモデル。

同じく操作性に長ける既存モデル「SWS-56JH-ST」と同等あるいは、それ以上の繊細さを持ち、尚且つ操作可能なルアーの幅もやや伸びたといった所でしょうか。

ルアー操作からフッキングまでの一連の流れという”基本”を向上している模様。

SWS-80LC-ST

・全長:8’0″
・継数:2本
・ルアー:14.0g
・ライン:mono~4lb/PE~0.6号
・価格:43,000円

ウエイトのあるキャロライナリグやフロートリグなどに対応した広範囲のサーチを得意とするシリーズ一のロングモデル。

ソリッドティップ&高弾性カーボン素材+ワイドテーパー設計で、潮の変わり目などの些細な変化も感じ取るコトが出来る”感度と繊細さ”を併せ持ち、ギガアジクラスにも負けないパワーも兼ね備えているそうです。

発売時期

発売日の詳細は記載されていませんでしたが、年内の発売は確定っぽいので、情報リリースのタイミングなんかを見るに来月11月中には発売されるのではないかと・・・見ています。

今回注目した追加モデル以外の既存モデルもかなりのハイレベル仕様なので、追加モデルがイマイチしっくり来ないなんて方は、そちらをチェックしてみるのも良いかもです(*^^*)

引用元
http://www.jackall.co.jp/saltwater/products/rod/scadwall/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

FER-58登場!アジングロッドに求められる性能は全てトップクラス?

初心者〜中級者向きアジングロッド10選まとめ!シーズンもチェック!

ドリームコンスリー80MHは汎用性抜群ライトゲームロッド!使用感も

月下美人のロッドがライトゲーム初心者にオススメ?コスパも良い?

ライトゲーム最強ロッド?ソルセンシリーズのスペック&特徴まとめ!

一誠「碧」でライトゲーム攻略!!各種特徴や使い分けについて!