ショアスキッドジグは狙える魚種が多い?ターゲットは使い手次第?

こういうルアーってホント魅力的。って思いませんか?

こんにちは!心霊特番を見る時は8割リモコンを手に握っているおっさんです。ちょっとこのパターンはヤラセ臭くね(小声)と思いつつも・・・緊急回避の手段は手放せない。

そんなおっさんのちょっぴり可愛い一面を垣間見せた所で(戻るボタン押さないで!)、閑話休題!!

今回は魚種の豊富なポイントでの釣りで活躍しそうなジグ!Abu Garcia(アブ・ガルシア)の『Shore Skid Jig (ショアスキッドジグ)』について見ていきたいと思います。

簡単な使い方やフックセットもチェックです。

Shore Skid Jig


「skid(滑る)」と「squid(イカ)」を掛けたネーミングに、イカのフォルムを持つAbuGarcia(アブ・ガルシア)のオフショア用ジグ「Skid Jig(スキッドジグ)」

かなりの魚種が狙えると発売当時話題になったルアーですね。

そのスキッドジグをさらに幅広く、オフショアらずとも岸から使えるショア・ライトジギング用として開発したのがShore Skid Jig(ショアスキッドジグ)となります。

もちろん狙える魚種の豊富さは引き継ぎ、青物やマゴヒラ、ロックフィッシュにシーバスと・・・ルアーサイズやポイントによってあらゆる魚種を狙うことが可能なジグです。

スペック

ラインナップを把握しておくという意味も兼ねて特徴等の前にスペックを確認!

■ Shore Skid Jig (ショアスキッドジグ)

・自重:20g/30g/40g/60g
・カラー:6色
・価格:550〜700円

カラー

BPK(ブルーピンク)
AKA(アカキン)
GRG(グリーンゴールド)
IWS(イワシ)
PK(ピンク)
ZEB(ゼブラ)
MAJ(マアジ)

カラーは4サイズ共通。

【期間中最大20倍!】【200円offクーポン対象店舗】 アブガルシア ショアスキッドジグ 40g (ジギング メタルジグ)

使い方と特徴


使い方と特徴を簡単にまとめます。

今回注目したショアスキッドジグ・・・パッケージを見ると『ただ巻きジグ』なんてシールがぺろりと貼られています。

まんま使い方はただ巻きでOKということですが、ジグとだけあってもちろんフォールの威力も抜群

巻き時は、左右にゆらゆらと揺れるアクション、フォール時は左右に振り子の如くスライドフォールを演出!

沈下速度も抑えられているっぽいのでスローに表層〜着底までを攻めるコトが可能とのこと。

これらのゆらゆら振り子アクションに加え、アシストフックに搭載された”オーロラシート&ティンセル(キラキラやつ)”のフラッシング効果が付加されアピール力を強化、あらゆる魚を魅了します。

フックセット

購入時フックはフロント(前)にセットされた状態ですが、ただ巻きメインで使用する場合はリア(後)に付け替えるのもありです。

前寄りだったフラッシング効果(オーロラシート&ティンセル)を後方に持って行くので、その分大きく、つまり幅広くアピールが可能となります。+後方からのバイトにも対応しやすくなる・・・メリットとしてはそんな所でしょうか。

まとめ

こんな感じで縦横どちらのアクションにも対応したショアスキッドジグ。

ターゲットを定めつつ、釣れなければターゲットをシフト出来るというのも魅力の一つ!足元に水深のあるポイントなら(例:防波堤)キャストで青物からの足元、岸際をフォールさせてロックフィッシュ狙い・・・なんてのも良さそう。最初から狙いはこっちですよ?的な。

使い方や狙える魚種の多さ、値段的にも上級者のみならず初心者の方にも良いかもですね。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジグラバースルーでショアラバゲームを始めよう!特徴や使い方は?

BIGBACKER『ナブラミノー』で遠方のナブラをロックオン!トバすぜ

投次郎はコンパクトシルエットでスローな誘いが得意なメタルジグ!

DAIWAショアスパルタンシリーズ(ルアー)スペック&特徴まとめ!

ワンダーフォールは飛距離抜群のフォール系ジグ!対象魚も多彩!?

リライズを使用した新釣法でディープエリアをスローに誘って攻略!