18フリームスがLTコンセプトを搭載して登場!旧モデルとの違いは?

皆さんこんにちは~。

2018年モデルの製品の情報が徐々に公開されはじめましたね!

来年はどんなぶっ飛び性能のロッドやリールが登場するのか楽しみです(*´ω`*)

さて今回は、早速登場が予定されていることで年末年始セールにスピニングリールの購入を検討されている方は、待ったがかかっちゃうかもしれない『18フリームス』をご紹介!

FREAMS(18フリームス)

マグシールドをはじめ様々な機能を搭載することで上級者の方はもちろんのこと、初心者の方にも扱いやすく人気の高いダイワのスピニングリール『15フリームス』。

そんな15フリームスの登場から3年を経てフルモデルチェンジを果たす『18フリームス』は、新しいコンセプトを引っ提げての登場となります。

LTコンセプト初採用!

18フリームス最大の特徴と言えるのがLTコンセプト』が初採用されているということ。

このLTコンセプトとはL=LIGHT(軽い)、T=TOUGH(タフ)といったコンセプトとなりボディ・スプール・ハンドルはより軽量化が図られ、ボディ・ギアはより強くなっているとのこと。

旧モデルとなる15フリームスと自重を比較すると2500番ではなんと60gも軽いんだとか!

これは15フリームスがスーパーメタルボディ採用でもともと少し重たかったってのもあるのでしょうけど、それでも軽すぎる!

スーパーメタルボディでは無く60gも軽量となったことで剛性面がやや不安にはなりますが、そこはLTコンセプトなので(ボディ素材が何なのかは今のところ分かりませんが)弱くはないでしょう。

弱いとタフとはなんぞや!ってなっちゃいますからね(笑

あと、滑らかな回転を持続させつつタフさも併せ持つ大口径ギヤの『タフデジギヤ』が採用されていることで剛性面に大きく貢献しています。

とにかく軽量でタフ、そんなLTコンセプトが採用された18フリームスは外側だけでなく内側も抜け目なしって感じですね!

15フリームスとの違いは?

LTコンセプトやタフデジギヤの他に、どこが変更されたのかを簡単にまとめてみます!

・ボディカラー
濃いゴールド・ブラック・ブラックに近い紺といった暗めの色から、薄いゴールド・シルバーを主体とした明るい色へ変更。

・LCABS(ロングキャストABS)
スプール形状がLCABSになることでキャスト性能が向上しライントラブルが低減。

・ねじ込み式ハンドル
折りたたみ式マシンカットハンドルに比べガタつきが少ない。

・大口径ドラグノブ
摘まみやすくファイト中でもスムーズにドラグ調整ができる。

・パーフェクトラインストッパー
細いラインから太いラインと今までよりも幅広く対応。

スプールやドラグノブも嬉しいですが、やはりねじ込み式ハンドルが採用されている点は魅力的ですよね!

他には、

・マグシールド ※ピニオン部分
ダイワ独自の防水構造で海水や異物の侵入を防ぎ滑らかな回転を長期間持続させる。

・オートマチックドラグシステム(ATD)
ドラグの滑り出しがスムーズで魚の引きに追従することで違和感を与えづらく暴れをも軽減させる。

・エアローター
強度を落とすことなく大幅な軽量化、そして滑らかな回転を実現。

と言った15フリームスでも採用されていた機能も健在となっています。

こういった多くの変更点とLTコンセプト採用により、更に扱いやすいリールとなっていることは間違いないでしょう!

スペック

それではスペック情報を確認しておきましょう!

■LT1000S

・自重:185g
・巻取り量:64cm
・最大ドラグ力:5kg
・ギア比:5.2
・ベアリング:5/1
・ナイロン糸巻量:2.5lb-100m
・PE糸巻量:0.3号-200m
・価格:15,800円

 

■LT2000S

・自重:190g
・巻取り量:68cm
・最大ドラグ力:5kg
・ギア比:5.2
・ベアリング:5/1
・ナイロン糸巻量:3lb-150m
・PE糸巻量:0.4号-200m
・価格:15,800円

 

■LT2000S-XH

・自重:190g
・巻取り量:81cm
・最大ドラグ力:5kg
・ギア比:6.2
・ベアリング:5/1
・ナイロン糸巻量:3lb-150m
・PE糸巻量:0.4号-200m
・価格:15,800円

 

■LT2500D

・自重:205g
・巻取り量:75cm
・最大ドラグ力:10kg
・ギア比:5.3
・ベアリング:5/1
・ナイロン糸巻量:12lb-150m
・PE糸巻量:1.2号-300m
・価格:16,800円

 

■LT2500S-XH

・自重:205g
・巻取り量:87cm
・最大ドラグ力:5kg
・ギア比:6.2
・ベアリング:5/1
・ナイロン糸巻量:4lb-150m
・PE糸巻量:0.6号-200m
・価格:16,800円

 

■LT2500S-DH

・自重:220g
・巻取り量:75cm
・最大ドラグ力:10kg
・ギア比:5.3
・ベアリング:5/1
・ナイロン糸巻量:4lb-150m
・PE糸巻量:0.6号-200m
・価格:17,800円

 

■LT3000D-C

・自重:215g
・巻取り量:80cm
・最大ドラグ力:10kg
・ギア比:5.3
・ベアリング:5/1
・ナイロン糸巻量:16lb-150m
・PE糸巻量:1.5号-300m
・価格:16,800円

 

■LT3000S-CXH

・自重:215g
・巻取り量:93cm
・最大ドラグ力:10kg
・ギア比:6.2
・ベアリング:5/1
・ナイロン糸巻量:6lb-150m
・PE糸巻量:0.8号-200m
・価格:16,800円

 

■LT3000

・自重:225g
・巻取り量:77cm
・最大ドラグ力:12kg
・ギア比:5.2
・ベアリング:5/1
・ナイロン糸巻量:8lb-150m
・PE糸巻量:1号-200m
・価格:18,500円

 

■LT4000D-C

・自重:240g
・巻取り量:82cm
・最大ドラグ力:12kg
・ギア比:5.2
・ベアリング:5/1
・ナイロン糸巻量:20lb-150m
・PE糸巻量:2号-300m
・価格:18,500円

 

■LT4000D-CXH

・自重:240g
・巻取り量:99cm
・最大ドラグ力:12kg
・ギア比:6.2
・ベアリング:5/1
・ナイロン糸巻量:20lb-150m
・PE糸巻量:2号-300m
・価格:18,500円

 

■LT5000D-C

・自重:250g
・巻取り量:87cm
・最大ドラグ力:12kg
・ギア比:5.2
・ベアリング:5/1
・ナイロン糸巻量:25lb-150m
・PE糸巻量:2.5号-300m
・価格:19,500円

 

■LT5000D-CXH

・自重:250g
・巻取り量:105cm
・最大ドラグ力:12kg
・ギア比:6.2
・ベアリング:5/1
・ナイロン糸巻量:25lb-150m
・PE糸巻量:2.5号-300m
・価格:19,500円

 

■LT6000D-H

・自重:330g
・巻取り量:101cm
・最大ドラグ力:12kg
・ギア比:5.7
・ベアリング:5/1
・ナイロン糸巻量:30lb-150m
・PE糸巻量:3号-300m
・価格:20,000円

 

この14機種と豊富なラインナップとなっています。

LTコンセプトが採用されたリールはギアや糸巻き量の表記などが変わっており、リールのサイズ感もこれまでのものと比べてやや小さくなっているとのこと。

公式サイトでは糸巻き量やサイズの目安など詳しく記載されているのでチェックしてみて下さいね!

発売日

『18フリームス』の売日ですが2018年1月を予定しているようです。

軽さ・タフさだけではなく扱いやすさも向上した仕様となることで、ワンランク上のクラスへと進化を遂げたと言っても過言ではない『18フリームス』をご検討してみてはいかがでしょうか?

引用元
http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/reel/spin_rl/18_freams/index.html

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ロキサーニ スピニングは2Wayドラグ搭載で汎用性が高くコスパ抜群

月下美人AIRは小型で軽量さらに操作性も抜群!?発売日はいつ?

ストラディックSW登場!ソルトウォーター仕様で剛性・耐久性もUP?

17セオリーのスペックが中価格帯とは思えない!?特徴や発売日は?

シマノのストラディックはコスパが超優秀!?特徴や使用感は?

レボエムジーエクストリームスピニング登場!軽くて使用感も抜群?