17ソアレCI4+でライトゲームが軽快に!新番手の軽さは驚異的!?

キャストやアクションを繰り返し行うルアーフィッシングではリールの重さは(ロッドとのバランスもありますが)とても重要なポイントの1つですよね。

そこで軽いリールはないかな〜と調べていたところ、なんと自重が140gという驚異的な軽さを誇るライトゲーム用スピニングリールがありました!ヤバすぎじゃね?

という訳で今回は、4年ぶりのフルモデルチェンジで剛性に優れ、巻き出しの軽さと滑らかな巻き心地を実現させ、驚異の自重を持つ新番手を引っ提げ登場を予定するシマノのライトゲーム用スピニングリール『17ソアレ CI4+』をご紹介していきたいと思います。

NEW Soare CI4+(17ソアレ CI4+)

シマノのライトゲームブランドと言えば、皆さんもご存じであろう『Soare(ソアレ)』シリーズ。

豊富なラインナップ、優れたパフォーマンスで高い人気を誇るシリーズですね。

そんなソアレシリーズのスピニングリール『13 Soare CI4+』登場から約4年経過した今年2017年、『16ストラディック CI4+』をベースに、フルモデルチェンジNEW Soare CI4+(17ソアレ CI4+)』(3機種)として登場!!

特徴(13ソアレ CI4+との違い)

『17ソアレ CI4+』の特徴や前モデルとの仕様の違いについて!

コンパクトボディにより、とにかく軽量かつ操作性に優れたスピニングリールで、ソアレのスピニングリールのイメージカラー、ややオレンジがかったゴールド、ブラック、シルバーの3色を変わらず採用。

糸を巻いた後だと『13ソアレCI4+』や『ソアレBB』に比べて、大人しめという印象を受けるかもしれませんね。

仕様につきましては、ボディやローターには新カーボン素材となる『CI4+』を採用されることで小型軽量ながら剛性・耐久性にも優れています。

そして強度と耐久性に優れる精密冷間鍛造『HAGANEギア』とギアの噛み合わせを頑強にする『X-SHIP』により、滑らかな巻き心地と巻上げ力の向上を実現し、高負荷時でもスムーズで安定したドラグ性能を発揮する『リジッドサポートドラグ』を採用。

と!ここまでは13ソアレ CI4+にも採用されている仕様・・・

違うのはここから!!

ここからは新たに採用された仕様をご紹介!

・NEW マグナムライトローター


軽量・高感度となり巻き出しも軽く剛性にも優れたものとなっています(従来のマグナムライトローターに比べ、回転慣性が14%軽減、ローター剛性が30%向上)。

・CI4+軽量ハンドル


中抜きにより軽量化され巻き心地と操作性向上が図られたハンドル。

・Gフリーボディ
リールの重心を手元に近づけることでロッドにセットした際、より軽量に感じることができる。

・ラピッドファイアドラグ
ドラグノブを少し回すだけでドラグの効きを大きく変えることができるため、魚の引きに応じて即座に変更できる。

・コアプロテクト(C2000SS PG2000S HGに採用)
回転抵抗を増加させず水の侵入を防ぐ。

このような感じになります。

やはり剛性に優れ、巻き出しの軽さや滑らかなリーリングに貢献したNEWマグナムライトローターが採用されているのが大きなポイントと言えるでしょう。

そしてリジッドサポートドラグに加えラピッドファイアドラグ、そしてファイト中でもドラグ調整が行い易い『大型ドラグノブ』の採用によりドラグ面も抜かりなし!といったところですね。

500Sが軽すぎる!

C2000SS PG2000S HGは『13ソアレ CI4+』から引き継がれた番手となりますが、『17ソアレ CI4+』には新番手となる500Sが登場!!

これまでに500番手のリールは存在していたものの、それと比べても500Sは自重140gとめっちゃくちゃ軽い!軽すぎる!これライトゲーム用スピニングリールでは史上最軽量なのではないかというレベル。

他2機種と比べるとボディやスプールの形状がやや異なっているように見え、小型化することで違った形状のほうが性能を発揮できるんでしょうけど!ボディの色を変えちゃえば別機種になっていまいそうではありますが(汗

ま、それが17ソアレ CI4+ 500S!!小型で非常に軽量なのでライトゲームにおいて大きな武器になることは間違いないでしょう!

しかし、操作性と軽さを充分に発揮したいならロッドとのバランスも考えての検討にはなりそうですね。

スペック情報

スペックはこのようになっています!!

仕様
S=シャロースプール
C=コンパクトボディ
PG=パワーギア
HG=ハイギア

■ Soare CI4+ 500S

・自重:140g   ・巻取り量:69cm
・最大ドラグ力:3kg  ・ギア比:5.6
・ベアリング:8/1
・スプール寸法:39.5mm/8mm
・ハンドルの長さ:35mm
・ナイロン糸巻量
(2lb-115m、2.5lb-100m、3lb-70m)
・フロロ糸巻量
(2lb-90m、2.5lb-80m、3lb-65m)
・PE糸巻量
(0.3号-140m、0.4号-100m、0.6号-80m)
・価格:34,200円

 

■ Soare CI4+ C2000SS PG

・自重:160g   ・巻取り量:57cm
・最大ドラグ力:3kg  ・ギア比:4.3
・ベアリング:9/1
・スプール寸法:42mm/12mm
・ハンドルの長さ:35mm
・ナイロン糸巻量
(2.5lb-140m、3lb-100m、4lb-90m)
・フロロ糸巻量
(2lb-170m、3lb-95m、4lb-75m)
・PE糸巻量
(0.6号-140m、0.8号-100m、1号-70m)
・価格:34,200円

 

 ■ Soare CI4+ 2000S HG

・自重:180g   ・巻取り量:81cm
・最大ドラグ力:4kg  ・ギア比:6
・ベアリング:9/1
・スプール寸法:43mm/14.5mm
・ハンドルの長さ:45mm
・ナイロン糸巻量
(3lb-125m、4lb-100m、5lb-75m)
・フロロ糸巻量
(3lb-110m、4lb-85m、5lb-65m)
・PE糸巻量
(0.6号-150m、0.8号-110m、1号-80m)
・価格:35,300円

以上の3機種で、特に注目が集まっているのはやはり驚異の自重を誇る500S。

確かに軽いのは魅力的!ですが、私の気になっている機種はライトゲームにおいて万能と言えるC2000SS PG!!

シマノのコンパクトボディの2000番はどんなロッドにも合わせやすく、充分すぎる程に軽量で操作性も抜群ですしね!

2000S HGは、個人的にライトゲームでハイギアはあまり必要ないかなぁって思ったり。

500Sは合わせるのが片寄りそう

・・・理由としてはこんな感じですかね。

とは言ってもそこは人によりけり。

ただ一つ言えるのは、どれを選択しても巻き心地、ドラグシステム、操作性、軽さを体感出来るということ!さすれば自然とライトゲームはこれまで以上に捗る・・・のかも?

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

レボエムジーエクストリームスピニング登場!軽くて使用感も抜群?

18イグジストは軽くてタフだけじゃない!全ての性能を高次元で実現

18ステラ登場!更なる進化で巻き心地・強度など様々な性能が向上?

EMMSは軽くて扱いやすく値段も安い三拍子揃ったスピニングリール!

ストラディックCI4+は軽くて使用感も良い?巻き心地にも定評あり?

シマノのストラディックはコスパが超優秀!?特徴や使用感は?