17エクスセンスDCのXPモードで飛距離アップ!?使いこなすには?

新たな制御機構「4×8DCエクスセンスチューン」を搭載して今春に登場を控えているDAIWA『NEWエクスセンスDC』。

PEベイトシーバススタイルの前進となった『エクスセンスDC』のNEWモデル。

ベイトの弱点となる”飛距離”に重点を置き、搭載されたという新制御機構の特徴とは?
ではさっそくスペックや特徴(長)、発売日について調査してまとめてみます。

スペック

■XG(右/左)

・ギア比: 7.8
・最大ドラグ力(kg):4.5
・自重(g):225
・スプール寸法(径mm/幅mm):37/19
・PE糸巻量(号-m)
1-300、1.5-200、2-150
・フロロ糸巻量(lb-m)
12-100、14-85、16-75
・最大巻上量(cm):91
・ハンドル長(mm):45
・ベアリング数S A-RB/ローラー:10/1
・価格:74,000円

※ドラグ音(エキサイティングドラグサウンド)も有り。

特徴と特長

17エクスセンスDCの最大の特徴4×8DCエクスセンスチューンについて分かりやすくまとめてみます。

まず「4×8DCエクスセンスチューン」とは何なのか?エクスセンスDCに限らず、DCユーザーの方ならご存知または何となく予想が着くという方もいらっしゃるかもしれませんが・・・

一応!!

4×8DCエクスセンスチューン」とは内外部に存在するダイヤルのコトです。

内部のダイヤルはラインに合わせて選べる4モード

・XPモード:PE追風遠投モード

・Pモード:PEモード

・Nモード:ナイロンモード

・Fモード:フロロモード

「XPモード」と呼ばれるモードが前作には無かった今作から搭載された”PEで抜群の飛距離を生み出せる”とされる新モード

このモードを選択することによって”追風に乗せ飛距離を稼ぎ広範囲に探ること”が可能となっているようです。

ブレーキ設定を少し甘めにしておくと飛び心地も抜群だとか!?

但し、追風ではない場合のPE使用時は基本PEモード選択がオススメとされています。

ラインの好みもあると思いますが、せっかく搭載された新モード使わない手はないですよね。

外部ダイヤル8段階のブレーキを上手く調整しつつ使いこなしましょう。

 

とXPモードが目立ってしまいましたが、17エクスセンスDCには他にも長けたポイントが多数存在しています。

抵抗のあるルアーを巻いても腕に負担のかかりにくいハイギア「XGギア」やそのハイギアを最大限に活かせる大型の「パワーハンドルノブ」、アタリや潮の流れなどをハッキリと感じ取れ、滑らかな巻き心地を味わえる「マイクロモジュールギア」なども搭載されています。

「マイクロモジュールギア」の生み出す感度については旧モデルから大きく向上した部分として挙げられていますね。

発売日

・右モデル:2017年3月発売予定

・左モデル:2017年4月発売予定

既にどちらも予約は可能なようです。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

タトゥーラ SV TWはキャスト性能高い!スキッピングも余裕!?

17スコーピオンDCのI-DC5システムの詳細は?初心者にオススメ?

16アンタレスDCの性能はモンスター級!?使用感も抜群と評判?

タトゥーラマーゴHDはビッグベイトと相性抜群!見た目もイイネ!

アルデバランBFS XG2016と前モデルの違いはFTBと遠心ブレーキ?

18アンタレスDCMD登場!様々な魚種が狙えるパワーゲーム仕様!?